鶴橋のキムチで有名な大阪の韓国街 鶴橋(つるはし)駅前から 韓国崔(チェ)家秘伝の味 崔おばさんのキムチの通販サイトです。 崔家こだわりのキムチから、チャンジャ等の珍味、韓国海苔や冷麺等、お得な商品や、お手軽価格で取り揃えております。本場の味をご家庭の食卓でお楽しみ下さい。 

崔おばさんのキムチ

マイページへログインご利用案内お問い合せ商品一覧カートをみる
RSS
 

今月のレシピ(11月)

大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
日に日に寒くなってくる今日この頃。暖か〜いキムチ鍋を食べて温まりませんか?
キムチを使った簡単で美味しいキムチ鍋の作り方を紹介しちゃいます!!
≪材料≫
白菜キムチ ・ 300 〜400g 、豚バラ肉 (薄切り) ・ 300 〜350g 、木綿豆腐 ・ 1/2 丁
シイタケ ・ 4 枚 、エノキ ・ 1 袋 、ニラ ・ 1 束 、白ネギ ・ 1 本 、白菜 ・ 1/8 株
モヤシ ・ 1 袋 、玉ネギ ・ 1 個 、中華麺 ・ 2 玉 、ニンニク ・ 1 片 、土ショウガ ・ 1 片
<スープ>
チキンブイヨン ・ 2 個 、酒 ・ 300 ml 、水 ・ 800 ml 、コチジャン ・ 100 〜150ml
≪下準備≫
・シイタケはヘタ取りヘタは裂き、傘は適当な大きさにきります。
・エノキは石づきを落とし、小房に分ける。
・ニラ・白ネギ・白菜・豆モヤシ・玉ネギなどの野菜類は適当な大きさに切る。
・ニンニク、ショウガはうす切りにする。
・豚肉は4cmの長さに切る。
・キムチは長い場合は3cm程度の長さに切る。
≪材料≫
1、鍋にチキンブイヨン、酒、水、コチジャンを入れ、強火にかける。
  コチジャン:水=1:1で割ると美味しく出来上がります。

2、煮立てば、ニンニク、土ショウガを加え、白菜キムチを漬け汁ごと加え、
  再び煮立てば中火にする。

3、豚バラ肉、木綿豆腐、生シイタケ、エノキ、ニラ、白ネギ、白菜、豆モヤシ、玉ネギを加え、
  火の通った物から、煮汁と共にいただく。煮汁が少なくなれば、水とコチジャンを加える。

4、煮上がったら出来上がりです。しめに中華麺を入れても美味しいですよ!!

今月のレシピ(12月)

カプサイシンが脂肪燃焼に効果的、乳酸菌で健康に貢献するキムチは、
健康に関心のある方に注目されています。
チェおばさんのレストランでも、人気の高いメニューです。
≪材料(2人前)≫
卵…2個、ご飯…3膳分、ネギ…4分の1、キムチ…200グラム、豚バラ肉…4枚、にんにく…1かけ、塩・こしょう…少々、醤油…少々、油…大さじ2杯

≪作り方≫
1.キムチは細かくみじん切りにし、豚バラは適当な大きさに切り分けておきます。

2.フライパンを加熱して油を引き、刻んだにんにくを入れて香りを移す。

3.にんにくがキツネ色になた頃に豚バラ肉を投入れて火を通します。

4.にんにくが焦げ付かないようにいため、豚バラ肉と一緒に皿にあげておきます。

5.油の残ったフライパンに溶き卵を投入し、半熟になったところでご飯を入れ卵を絡ませる。

6.ご飯がパラパラに炒まってきたところでネギとキムチを入れしばらく炒めます。

7.香りが立ってきた頃に取り上げていたにんにくと豚バラ肉を投入し炒めます。

8.全体的に火が通たら塩・こしょうで味付け、醤油を鍋肌で焦がしながら香り付けして、皿に盛り付けて出来上がりです。

今月のレシピ(1月)

キムチチヂミの作り方
大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
韓国風お好み焼きのチヂミです。キムチやイカやタコのほかに、
豚バラ肉や牡蠣等を入れても美味しいです。
≪材料≫
・白菜キムチ:80g・小ねぎ:1束  ・卵:3個
・小麦粉:大さじ3  ・塩:少々  ・ごま油:大さじ1 ・イカ・エビ(冷凍シーフードミックス):80g

<タレ>
コチュジャン:小さじ 1  しょうゆ:大さじ 1.5 酢 :大さじ 1.5
≪作り方≫
1.下準備にねぎを2〜3cmの長さに切る。キムチはざく切りに。イカ・エビを沸騰したお湯に通す。
2.小鉢に卵を割って、塩を少々を加え、溶きほぐします。
3.ボールに【1】を入れて、小麦粉をまぶして全体に絡め、さらに【2】を加えて、混ぜ合わせます。
4.フライパンにごま油をひいて、【3】を流しいれて、両面色よく焼きます。
5.食べやすい大きさに切って、器に盛ります。
6.タレの材料を全て混ぜ合わせて、チヂミにタレを添えます。

今月のレシピ(2月)

豚肉とキムチのトロミ煮の作り方
大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
キムチとコチュジャンでピリリと辛みがついた豚肉のトロミ煮です。
辛さでごはんがすすみます。
≪材料≫
・豚バラ肉 (薄切) : 150 g  ・白菜キムチ:150 g    ・豆腐:100 g
・ニラ: 1/2束   ・うずらの卵 :6個  ・だし汁:250 ml
・みそ:大さじ 1  ・コチジャン:小さじ 1  ・糸唐辛子:適量

<水溶き片栗>
・片栗粉: 小さじ 1/2  ・水:小さじ 2
≪作り方≫
1.下準備に豚バラ肉は長さ4〜5cmに、白菜キムチは、ザク切りに。
   豆腐は食べやすい大きさに、ニラは4、5cmの長さに切ります。
2.水溶き片栗の材料を全て混ぜ合わせます。
3.鍋にだし汁を入れて火をかけて煮立ったら、豚肉、白菜キムチ(半分量)を入れます。
4.再び煮立ったら豆腐を入れて3〜4分。
5.みそとコチジャンを溶かし入れて、水溶き片栗を回し入れます。
6.トロミが少しついたら残りの白菜キムチとニラを入れて、さらにうずらの卵を割っていれます。
7.うずらの卵が固くなったら出来上がり。おすすめは半熟くらいです。
8.器に盛ってその上に糸唐辛子をかけて出来上がりです。

今月のレシピ(3月)

具剤たっぷりのキムチ餃子の作り方
大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
具剤たっぷりのキムチ餃子をご紹介します。
キムチの辛みが欲しいときはキムチ多めに他の具剤を少なめにして下さい。
≪材料(4人前)≫
・白菜キムチ: 120 g ・餃子の皮: 30〜40枚 ・豚ひき肉: 150g
・ねぎ: 0.5束 ・生シイタケ: 1個 ・ニラ: 1束 ・もやし 1袋
・春雨:  30g ・卵:1個 ・ごま油: 大さじ1 ・コショウ:少量

<つけダレ>
・ 酢 :大さじ 2  ・しょうゆ: 大さじ 2  ・ラー油: 適量
≪作り方≫
1.下準備にもやし・春雨は茹でて水を切っておきます。
2.キムチ・ニラ・しいたけ・もやし・ネギ・豚挽肉・春雨の具にコショウ少々、
   ごま油を混ぜ餃子の皮に包みます。
   ※もやし・春雨は良く絞って混ぜてください。
3.サラダ油で焦げ目を付け、水で蒸し、水気が無くなったら、ごま油を入れます。
4.つけだれの材料を全て混ぜ合わせます。
5.皿に盛って、つけダレでお召し上がりください。

今月のレシピ(4月)

大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
韓国の代表的混ぜご飯のビビンバです
キムチはお好みにあわせてたくさんのせてもOK!
≪材料(2人前)≫
・ごはん: ちゃわん2杯  ・ごま油: 小さじ1/2  ・ごま: 小さじ1/2
・白菜キムチ: 100g   ・豆もやし:半袋  ・温泉卵: 2こ

<肉そぼろ>
・豚ひき肉 :100g  ・酒:50cc  ・水 :50cc  ・しょうゆ: 大さじ1  ・さとう: 大さじ1/2

<トッピング>
・韓国のり: 適量
≪作り方≫
1.まず、肉そぼろを作ります。ひき肉以外の材料を鍋に入れて、ひと煮立ちしたら火を弱めて、
   ひき肉を入れ箸で良くほぐす。
2.肉に火が通ったらそのまま冷ましておきます。
3.豆もやしはひげ根をとりのぞいて、たっぷりのお湯で茹でてざるにあげます。
4.ごはんに、ゴマ油とごまをいれて器に盛ります。
5.キムチ、肉そぼろを盛り付けて、豆もやしを盛り合わせます。
   このとき上から肉の煮汁を少しかけてください。
6.温泉卵を割り入れて、そのうえにのりをまぶして出来上がりです。

チェおばさんの簡単レシピ

当店のキムチを使用した簡単なレシピをご紹介いたします。
▼レシピをご覧になりたいメニューをクリックしてください▼

今月のレシピ(7月)

大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
韓国料理でおなじみの冷麺です
夏の食欲のない時でも、冷麺を食べると気分爽快!
≪材料(2人前)≫
・冷麺:2玉 ・冷麺スープ: 2人分

<トッピング(お好みで)>
・キムチ ・キュウリ ・ゆで卵 ・からし ・お酢 など
≪作り方≫
1.冷麺スープはあらかじめ冷蔵庫で冷やしておきます。
2.沸騰したお湯に麺を入れ約1分間ゆでます。
  ※ゆで時間はお好みで調節してください。
3.ゆであがったら冷水でよく洗った後、手早くザルなどにあげてください。
4.水を切った麺を器に移し、冷やしたスープを注ぐとできあがりです。
5.お好みにより、キムチ、キュウリ、ゆで卵などの具を載せ、さらにからし、お酢などを少々加えると
  一層おいしく召しあがれます。

今月のレシピ(8月)

大阪の鶴橋で作られる本場韓国のおいしいキムチ。辛味の中の甘味がたまらない。本場の味を是非ご賞味あれ!
食感が楽しい水菜を使った
「豚キムチ」焼肉

≪材料(4人前)≫
豚バラ肉(ニンニク) 2パック、白菜キムチ 300g、玉ねぎ 1/2個、にら 1/2束、水菜 1/2束、
もやし 1袋、醤油 大1、塩 適宜、こしょう 適宜、ごま油 適宜、白すりごま 大2

≪作り方≫
1.豚バラ肉と白菜キムチは一口大に切る。玉ねぎは薄切り、にら、水菜は5cmの長さに切ります。
2.ホットプレートにごま油をひき、豚肉と玉ねぎを焼く。片面に焦げ目がついたら裏返し、
もやしとキムチ半量を加えます。
3.塩こしょうをふり、よく炒め、にらを加えて、ごま油を回しかけます。
4.プレートを保温にし、残りのキムチをのせます。
5.水菜をのせ、すりごまを全体にふりかけたらできあがりです。

ページトップへ